日常の戯言
1度しかない人生。楽しまなきゃ損だね。悔いを残さぬよう、力の限りに生きていこう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
濡れ衣
のクレーム対応をしますた。

なにがどう濡れ衣かと言いますと、まったく身に覚えのないご案内についての…
でも何故か客は名指しで電話かけてきたらしく対応は俺ってやつでしたよ。


正直、ひどかったです。身に覚えがないのはさることながら、客も客でめちゃくちゃ。自分のミスを完全に棚に上げやがりましたよwww

まぁ…なんとかなだめましたけどね…


とりあえず、怒鳴りゃどうにでもなるって思ってる大人は考えを改めて下さい…

ま、それに屈してしまうのが接客業なんだけどね…。
スポンサーサイト
そして・・・
熱闘甲子園で泣いた。


いやぁ・・・ホント甲子園熱すぎだよ。
俺も高校野球3年間続けておけばよかったなぁと思ったね・・・。まぁ、後悔先に立たずってよく言うか。しかし後悔だったな。むぅ・・・。


野球が嫌いになったわけじゃない。嫌いになったら甲子園なんて見ないしねw

ただ、あの頃に戻れたらなんてことは思わない。後悔だけど思わない。


意味不明だけど、昔の過ちがあったから今の俺がいるからな・・・。

今を強く生きよう。
なんかさぁ・・・
ぁ、とうの昔に葬儀やらなにやらはすみました。ただいま俺。


で、なーんか昨日ふと思ってしまったこと。

夜ね、寝る寸前ね。

俺ってさ、正直友達と呼んでいい人っているのかなってね。

んー・・・考えれば考えるほど、自分って寂しい人間だなって思ってしまうよ。このネガティブをどうにかしたいんだけど、どうにもならないんだよね。

実は些細なウソをつかれた。誰とは言わないけどつかれた。
で、遠まわしに避けられてる。こりゃそいつがそんなことはないって言ったにしても確定的。

俺ってウザイ?電話・メール・チャットしちゃいけない?ウザイならウザイとはっきり言ってくれ。嫌なら嫌だとはっきり言ってくれ。そうしないと分からないよ。人の気持ちなんて分からないよ。俺そんなに器用じゃないよ・・・・。


他人の前ではこんなこと言いません。えぇ、言いませんとも。


考えれば考えるほど、悲しくなってくる・・・。そして虚しくなってくる・・・。
・・・
・・・
先ほど実家から連絡がありました。

祖母が死去しました。





正直今日は眠れそうもありません。

今夜が峠と23時半ごろに母親から電話があり、流石に今すぐには行けなかった。もう少し早かったら死に目に会えたかもしれなかったが・・・。こんな時間だから仕方ないな。


思い返してみれば、数え切れないほどの祖母との思い出。それを一つ一つはしっかり覚えてはいないけれども、ホントにいい祖母でした。その姿をまだこの目にはしていないのでまだ実感というものがわきませんが、悲しいです。非常に悲しいです。


顔をみたら・・・ぐしゃぐしゃに泣いてしまいそうです。

恩返しなんて・・・なにひとつできてないや・・・。

お仕事で
顔色悪いといわれました。

まぁ、デフォなわけですがw

美白ってことで許して(ぁ


ともあれ、なんだか疲れはたまってるみたい。
最後の最後でクレーム回避の対応してたから余計疲れちまったよ。
なんたって金ブレスやら金のネックレスやら金の指輪をつけたおっちゃんだったから怖いのなんのってw

カスタマーだとなんだか分かりにくかったらしく、まぁ言葉だけじゃ伝わりにくいものがあるからね。図に描いて、ちゃんと目を見て対話をしないと伝わるものも伝わらないよね。それが俺たちの仕事だし。

カスタマーの人もお疲れ様でした・・・。

明日は完全オフだけど眠いから早めに寝ます。
進展
悪い意味でね。

というか、状況を報告しない母親、妹、親戚に腹が立ったが、まぁ、忙しいんだからしゃーないか。


意識はもうないそうです。


ただ、すぐにでもってことでもないみたいです。


連絡があればすぐにでも帰れる準備はしておこう。
連続試合安打と・・・
というより、連続出勤獲得記録?w

さいきん出勤した日はすべて件数上げてます。最低でも一件は上げてます。出だしから中々好調な今月。



なんだけどね、今日実家から連絡があった。

「鈴鹿のばぁちゃんが倒れた」

・・・

あぁ・・・そんな歳だったな・・・・。もう87だもんな。

聞いたときかなりショックだったが、おかんのほうが同様してたから自分は自然と冷静でいられた。

「よく生きたから、もう楽にさせてあげたい」

そんな言葉が母親から出たとき俺は電話口で怒鳴った。

「バカヤロウ!てめぇの母親まだ生きてんだろうが!んなこと言うんじゃねぇ!」

これが母親に向けて放つ言葉かと突っ込みいれられそうですが、実際そう言いましたwさらに落ちをつけるとお屋敷の外でね。


ぶっちゃけそろそろかな?って覚悟はしてた時期だったけどさ、いきなりだったから驚いた。
鈴鹿のばぁさんはうちの実家にいたじーさんばーさんよりも俺をかわいがってくれて、というより、俺と妹をすごくかわいがってくれて・・・。言葉では表せないけど、言葉では言い表せれないほど・・・・いいばぁさんだった。少なくとも俺たち兄妹の前では。毎年毎年鈴鹿にいくのが楽しみだった。
最近ばぁさんと会ったのは従姉の結婚式だったかな。正直俺の歳なんざ覚えてなかったけど、自然と笑顔がでたな。

なんというか・・・・イツモの事ながら文がまとまらないけどさ、とりあえずは急を要することじゃないらしい。それが唯一の救い?というかなんと言うか・・・。あぁ、分けわかんなくなってきた。



とりあえず目から流れてきた液体が口に入ってしょっぱい。

あぁなんか・・・
爆発しそう。なんだこれ・・・。

いや、ホントリアルにやばいよ。明日休みだってのにヤバイよ。

寝て・・・落ち着くしかないのか?


また過去の繰り返しなのか・・・?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。